SEGA

『野球つく!!』

大人になった野球少年たちに贈る

スペシャルインタビュー

阪神の2度のリーグ優勝の立役者となったクレバーなバットマン 今岡 誠

03年の阪神の18年ぶりのリーグ優勝、05年の5度目のリーグ優勝に大きく貢献した今岡誠氏が「プロ野球チームをつくろう!ONLINE 2」に登場する。今岡氏がイメージする打順論や、打順によってバッティングスタイルを変えてタイトルを獲ったこと、ロッテの3年間の話を語っていただいた。

取材協力:シェラトン都ホテル東京 取材・構成:永山智浩 写真:佐々木譲

初めて本気になった星野監督時代の02~03年―――

「野球つく」を見ていただきましたが、いかがでしたか?

今岡
僕らがやっていた頃の対戦型の野球ゲームとはまったく違っていて、GM兼監督としてチームを編成していくのが面白かったですね。

最初のスターターパックを選ぶ時に「打撃力重視パック」を選んでいましたが、打撃型のチームが好みですか?

今岡
野球は0点では勝てないので単純に点を取る打撃重視の野球が好きですね。いまの野球は投手の数を揃えて、打撃陣は足が速くて巧く打てる選手を揃える傾向にあるんですが、僕だったら投手陣には先発と抑えに一人ずつ「本物」を入れ、打撃陣には4、5人信頼できてホームランも打てるバッターを揃えるのが理想ですね。

いまの12球団で今岡さんが描いている打線に近いチームはありますか?

今岡
特にないですね。ただし日本人の四番像ということでは、中田(翔=日本ハム)、中村(剛也=西武)、筒香(嘉智=DeNA)が当てはまります。それからオーダーを固定したチームが強かった時代から、固定化されない時代になってきましたよね。

固定していないチームは多いですね。

今岡
例えば一番の調子が悪くなると調子の良い七番と交代したり、四番が欠場すると五、六番を四番に据えたりすることがありますよね。僕はそういう考え方ではなく、一番の調子が悪かったらそこに新しい一番を入れ、四番が欠場したら新しい四番を入れる、というイメージがあるんですよ。プロ野球には二軍という組織があって、そこでも一番や四番が存在してそれぞれの打順に合う野球をしているわけですから、その選手を空いたところに当てはめるというのが僕の理想ですね。

長期でいいチームを作っていくにはそういうやり方がいいのですね。
さて、阪神に入団した当時の話を伺いますが、野球少年だった頃は阪急ファンだったそうですね。

今岡
(出身の)宝塚は阪急ファンが多いんですよ(笑)。実際、阪神のゲームは見に行ったことはなかったですからね。阪神に入団したのは一番最初にドラフト1位で、と言っていただいたからで、違う球団でも最初に言ってくれたら入団したと思いますよ。

当時の阪神は低迷期でしたが、イメージはいかがでしたか?

今岡
弱かったですね。これだったら何とか通用するかなと思いましたから。もし黄金時代の西武に入団していたらすぐに辞めなければならないと思ったでしょうね。

その中で2年目には遊撃手としてレギュラーを獲り、初めて規定打席に達しました。

今岡
一応、規定打席には達しましたけど、絶対的なレギュラーではなかったですね。最初は吉田(義男)監督だったんですが、1年目からずっと一軍に置いてもらって、試合に出られなくてもベンチで一軍の試合を見ていたことがすごくいい経験になりましたね。それが2年目に生きたと思います。

その後は低迷時期もありましたが、02年に星野仙一監督となり、初の3割をマークしました。バッティングのスタイルを変えたのですか?

今岡
常に変えてきてはいたんですけどね。02~03年は星野監督の影響が大きかったです。「人生を賭ける」「今年ダメだったら辞める」というぐらい初めて本気になりましたが、監督がそういう考え方に導いてくれたんです。03年の優勝したシーズン中、僕は「監督が防波堤になっていただいてやりやすい」といつもコメントしていました。例えばマスコミが僕に対して悪いことを言ってきた時に「オレが期待している選手にガタガタ言うな!」とよくフォローしてくれました。そんなことは初めてだったので、すごくプレーしやすかったですね。

その年は、ほぼ一番打者として首位打者を獲得しました。

今岡
星野監督になった02年は二番としてスタートしたんですが、一番を打っていた赤星(憲広)がケガをして離脱したので一番になったんです。その時たまたますごく打ったんですよね。それで一番から動かさなくなったようです。監督に「一番はどうだ」と聞かれて「打ちやすいです」と答えたら、「そのままいくぞ」と言われました。

打ちやすさとは?

今岡
僕はじっくり見ていくタイプではなく、初球から打っていくバッターでした。先発投手の初回の初球はだいたいストライクから入るタイプが多いので、打ちやすいんですよね。だから1打席目の打率は高かったですね。

2度目の優勝の05年には、五番で打点王(147打点)を獲得しました。

今岡
これは岡田(彰布)監督の方針でしたね。一番を打っている時の得点圏打率(03年=.427)が高かったんですよ。岡田監督での1年目(04年)は一番や三番だったんですが、この年はチームの得点力が低下したので、05年は得点圏打率の良い僕を五番に置けばいいという考えだったようです。その時には特に長打力、本塁打を求められたので、バッティングのスタイルをガラッと変えました。

自己最多の29本塁打ですね。すぐにスタイルを変えられたのは素晴らしいですよね。

今岡
狙って本塁打を打つようになりましたが、やはり打率は下がりましたし、バッティングが崩れてきてしまいました。

なかなか難しいものですね。タイトルを獲った2年はいずれもリーグ優勝を果たしました。

今岡
03年の優勝の時には初めてプロ野球選手になったという実感が沸きましたね。一方05年は優勝をしなければダメだという使命感の中での優勝でした。全然違う優勝でしたね。

残念ながら阪神では日本一になれませんでした。

今岡
それは仕方がないことなのですが、ラッキーなことにロッテに入団した10年にリーグ3位から日本一になることができました。

阪神で優勝した2シーズンに匹敵するインパクトのロッテでの3年間―――

09年で阪神を退団して、ロッテには春季キャンプでのテスト入団でした。

今岡
阪神で引退するべきか、現役を続けるべきか、人生の中で大きな選択でしたが、ロッテでの3年間はすごくいい経験となりました。今後、指導者としてユニフォームを着ることがあれば、欠かせない3年間とも言えます。

それはどういうことですか?

今岡
3年目は自分自身が希望して二軍兼任コーチになりましたが、結局一軍の試合にはまったく出場しませんでした。しかしながらその年は「いろいろ勉強しなさい」と言われて、営業のことからすべて勉強させてもらいました。それまでは選手目線でしか野球を見ていませんでしたが、いろいろな視点でプロ野球はこうやって運営されているんだということが分かりました。

例えば、ファンサービスの営業はこんなことをやる、といったことでしょうか?

今岡
そうですね、いろいろと細部にわたって見させてもらいました。一から十というより、一から百まで教えてもらった感じです。阪神で優勝した2シーズンに匹敵するぐらいインパクトのある3年間でしたね。
今岡 誠
今岡 誠(いまおか・まこと)
1974年9月11日、兵庫県宝塚市出身。PL学園高では3年春に甲子園に出場しベスト8。東洋大に進学し、96年にはアトランタ五輪に出場。97年、ドラフト1位で阪神に逆指名で入団。1年目から一軍に出場し、2年目には遊撃のレギュラーに定着。03年には打率.340で首位打者、05年には147打点で打点王を獲得。10年にロッテに移籍し12年限りで現役を引退。首位打者、打点王の他、ベストナイン3回、ゴールデングラブ1回。通算成績は1309試合、1284安打、122本塁打、594打点、打率.279。