SEGA

野球つく!!

大人になった野球少年たちに贈る

スペシャルインタビュー

遅咲きの強打者――史上最年長の通算2000安打 和田 一浩

西武、中日で主軸を担いチームを優勝に何度も導いた和田一浩氏が、セガゲームスの新作「野球つく!!」に登場。捕手から外野手に転向した話、打率に対するこだわりなどを語っていただいた。

取材協力:ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋/取材・構成:永山智浩/写真:小形又男

プロ野球での通算3割は納得できる数字です

「野球つく!!」をご覧いただきましたが、いかがでした。

和田
 細かいところまでセッティングしてあって、野球に詳しい人はのめり込めるし、トコトンこだわるのでしょうね。僕がやったら、すごく好みが出ると思いますし、例えば、知人がやっていたら「どういうチームを作っているのだろう」と、そちらも気になっちゃうでしょうね。

和田さんはどんなチーム作りをしたいですか。

和田
 強力な先発投手陣をそろえたいですね。ピッチングスタッフを整備してから、打線を強化していくと思います。

いままでお話をうかがったOBの方は、やはり投手力を重視する傾向にあります。

和田
 実際のプロ野球は大量点が常に取れるわけではないので、結局投手力に頼る形になるんですよね。それから遊撃、捕手、このポジションがしっかり守れて打てるというのが理想ですよね。

在籍した西武、中日もそのポジションはきっちりしていましたね。

和田
 西武では伊東(勤)さん、中日でも谷繁(元信)さんと実績がある捕手がいて、遊撃も西武は松井(稼頭央)、中島(裕之=現・宏之)、中日にも井端(弘和)がいましたから、やはりチームがしっかりしていました。

一番獲りたかったタイトルは首位打者

和田さんは捕手で西武に入団しました。当時は伊東捕手という厚い壁の存在がありましたが、当時はやはり捕手一本でという気持ちでしたか。

和田
 ずっと捕手しかしていなかったので、そういう気持ちでした。でも難しいポジションです。打つことも守ることも求められますからね。

その年のドラフトでは日本ハム・小笠原道大、近鉄・礒部公一が捕手として入団し、その後野手に転向していますよね。

和田
 そうでしたね。僕はそのときは、外野に行くことは考えてなかったです。外野はやはり守備よりはバッティングが求められるし、まだバッティングに対して自信はなかったですからね。

6年目の02年に外野手登録となりましたが、割り切れましたか。

和田
 言われたらしょうがないので、やらざるを得ないですよね。監督がやれと言ったら、何も言えないですよ(笑)。

その直前の00、01年は打席数は少なかったですが、3割をマークしていますよね。

和田
 長打も少なかったし下位を打っていたので、クリーンアップでの3割と下位での3割では意味合いが違います。その3割は本物の数字ではないですよね。

でも外野手に転向した02年は初の規定打席到達で打率・319、33本塁打ときっちり結果を出しましたよね。

和田
 打てなかったら使ってもらえないという危機感がありましたからね。それから1年だけだったら好成績を残せるんでしょうけど、これを続けるのが難しいというのは感じました。
和田一浩

そこから4年連続で3割、自分のバッティングをものにした感じですか。

和田
 技術的には毎年、変化を加えましたが、相手が警戒すればするほど難しいボールが多くなる。でも、それによってカウントが有利になることが多くなるんですよ。下位を打っていたころは、投手が主導権を握っている感じでしたが、クリーンアップを打つようになって自分が主導権を握っている感じになり、やりやすい部分はありました。

当時は四番・カブレラで和田さんが五番という打順が多かったですが、その打順も良かったのですか。

和田
 いや、カブレラの後を打つのは結構きつかったですね。調子が悪いときに、カブレラ敬遠で「僕勝負」というのもありましたし、走者がいる状況を考えていたら、カブレラがスタンドに放り込んで「走者なし」になることも多かったですから。
和田一浩

そのころは結構飛ぶボールでしたよね。

和田
 飛ぶ時代でしたね(笑)。僕が首位打者を獲った05年に反発係数を一気に落としたようで飛ばなくなったんですよ。打率・322でタイトルを獲れましたからね。それまでは3割4、5分じゃないと首位打者には手が届きませんでした。それに153安打で最多安打のタイトルも獲ったんですが、それ以前は170、180本がタイトルの目安でしたから。

これが初タイトルになるのですが、和田さんの中で一番こだわりのあるタイトルは?

和田
 打率に関しては負けたくないと思っていたので首位打者ですね。後年になって打点を挙げなければならないという考えも出てきましたが。

通算319本塁打を放っていますが、本塁打へのこだわりはありましたか。

和田
 放物線を描く本塁打ではなく、ライナーで放り込むバッターだったので、自分の中ではホームランバッターではないと感じていました。

通算375本の二塁打を放っているのは、ライナーでの打球が多いということですかね。

和田
 そうですね。ライナー系のバッターですね。

実は三塁打も多くて37本でした。

和田
 そう、ですかね……。それはあまり説明ができないんですが……。球場が広いということもあったんでしょうし、次の塁を常に狙うという気持ちがあったからなんでしょうね。

次の塁を狙うというと黄金時代の西武野球という感じがしますが、入団した西武はどういうチームでしたか。

和田
 打線などは豪快な感じがしましたが、走塁などの決まり事はすごく多かったです。黄金時代の管理野球が受け継がれていて、きっちりとした野球をやっていましたね。

入団した97年から連覇。02年も優勝し、04年は日本一になったチーム。強いチームに入団できたことはプラスでしたよね。

和田
 すごく良かったです。自分一人の力では優勝できないですし、西武は優勝して当たり前というチームでしたから。8月ぐらいから常に優勝争いに加わり、ライバルチームの結果を気にしながら野球をできたことは良かったですね。中日の最後の3年は優勝争いに加われず、緊張感のない中で野球をやっていて、それがつらかった。そういう経験をすると、優勝争いをすることは幸せなんだなとあらためて思いました。
和田一浩

中日も移籍当時は優勝争いの常連でしたよね。

和田
 そうですね。優勝できなかった年は悔しいんですけど、最後まで優勝争いをできる幸せはありましたね。
和田一浩

中日に移籍してセ・パの野球の違いを感じたことはありますか。

和田
 皆さんは配球が違う、セ・リーグは細かい野球をするといいますが、パ・リーグも細かい野球はするし、そういう部分では違いは全然ないですね。ただ指名打者(DH)があるかないかで「質」の違いはあります。セ・リーグは九番がほとんど投手でそこが弱点になり、相手投手としては逃げ場があるんです。でもパ・リーグの投手はそれがないんで、何とかしようと思う。そういう経験が実力をつけていくのかなと思います。
交流戦でパ・リーグが強いのも、DH制の影響が出てきているのかなとも感じますね。投手が打席に入るという本来のルールはありますが、僕個人の意見では、野球ファンに投手のバッティングを見せる必要性があまりなくなってきたのかなと思います。まあ大谷(翔平)ぐらい打てれば別ですけど(笑)。

中日に移籍しても3割をマークしていますし、セ・パの野球の違いは和田さんの成績からは感じませんよね。中日では10年にMVPを獲得するのですが、自身のベストシーズンは?

和田
 その年ですね。リーグ優勝をしていますし、自分も成績を残していますし、振り返ってみると納得のいくシーズンでしたね。

38歳で自己最多の37本塁打、打率・339、93打点は素晴らしいですね。

和田
 プロ入りも遅かったですし、レギュラーを獲ったのも30歳。そこからいろいろな経験を積んで、ピークが来たのかなと思いますね。

15年には最年長、42歳11カ月で通算2000安打を達成しています。

和田
 2000本は全然目標にしていたわけではないし、途方もない数字かなと思っていました。まあ入団時に「通算2000安打を狙います」というルーキーも見たことないですしね(笑)。でも1500本ぐらいで意識は芽生えてきましたよね。
和田一浩

首位打者にこだわりがあったとうかがいましたが、通算打率・303は誇れる数字ではないですか。

和田
 意識している数字でしたね。シーズンでも常に3割を目標にしていましたし、一つのバロメーターでもあったので。3割という数字にこだわってきて、プロ野球での通算3割は納得できる数字ですね。
和田一浩
わだ・かずひろ
1972年6月19日、岐阜県岐阜市出身。県岐阜商高、東北福祉大、神戸製鋼を経て97年にドラフト4位で西武に捕手として入団。02年に外野のレギュラーを獲得し優勝に貢献。04年には日本一に輝く。05年は首位打者と最多安打を獲得。08年にFAで中日に移籍。10年は最高出塁率のタイトルを獲得しリーグMVPを受賞。15年に通算2000安打を達成し、その年限りで引退。通算成績は、1968試合、2050安打、319本塁打、1081打点、打率.303。