SEGA

野球つく!!

大人になった野球少年たちに贈る

スペシャルインタビュー

伝説の天才投手 伊藤 智仁

史上最強の変化球と形容された高速スライダーを武器に数々の伝説を残した伊藤智仁氏がセガゲームスの「野球つく!!」に登場。

取材協力/株式会社富山サンダーバーズ ベースボールクラブ 取材・構成/平尾類 撮影/荒川祐史

いまだに皆さんの記憶に残ってくださるなら幸せな野球人生だと思います

現役時代はヤクルトスワローズで魔球とも形容された高速スライダーで強烈な印象を残した伊藤智仁氏。「野球つく‼」に興味津々で攻撃型のチームを作ることを宣言した。伝説のスライダーの誕生秘話、師と仰ぐ元ヤクルト監督・野村克也氏、古田敦也氏に抱く特別な思い、度重なる故障と闘った野球人生を語って頂いた。


「野球つく‼」を熱心にご覧になっていましたがいかがでしたか

伊藤智仁
伊藤
 男の子の夢って「野球選手になりたい」から始まって「監督になりたい」、「球団を持ちたい」ってなるじゃないですか。このゲームはその夢が叶うので面白そうですよね。調子の良し悪しや選手の特徴を考えて打順を組まなきゃいけない。僕はバリバリの攻撃型のチームを作りますね。お客さんを集めるために面白いチームを作らなきゃいけないですから。

今季からBCリーグ・富山の監督に就任しました。監督業の難しさは感じますか

伊藤
 今まで(ヤクルトで)投手コーチだったので投手のことさえ理解していればよかったけど、監督はチーム全体を見なければいけません。打者の状態を考えながら打線を組まないといけない。作戦も(相手が)こういう投手ならどうしようかなと色々考えています。大変ですが楽しくやっていますよ。

監督を務める上で参考にしていることはありますか

伊藤
 野村監督のノートをまた読み返していますね。自分で現役時代に書いたものです。今になって当時の野村さんの資料を読み返すと、「なるほどな」と思うことが多い。僕は野手の技術的なことがわからないですが、ノートを読み返すとこのタイプの選手にはこういうことが必要なのかなと参考になります。古田さんにも色々相談に乗ってもらっています。

小さい時の夢は何だったのでしょうか

伊藤智仁
伊藤
 プロ野球選手になりたかったです。僕の親父が少年野球の監督をやっていたので小学3年生ぐらいに自然に野球をするようになって。巨人ファンだったので原(辰徳)さん、篠塚(和典)さんにあこがれていた。原さんはかっこよかったですね。篠塚さんは若い時に首位打者を獲って頼もしい打者が巨人に入ってきたなぁって。

中学を卒業後は花園高校に進学しました

伊藤
 強豪校からも声はかかったけど、試合に出られないなって。試合に出られてそこそこ勝つ方がいいかなと。小学校の時は捕手だったんです。中3から投手になって横投げでした。身長が高かったので、高校に入ってから監督に「上から投げなさい」と言われてフォームを変えました。

地元の三菱自動車京都に入社。92年のバルセロナ五輪では1大会27奪三振のギネス記録を作り、日本の銅メダル獲得に貢献しました

伊藤
 社会人2年間はほとんど活躍できなくて。チームの3、4番手でした。3年目ですね。スライダーを投げて直球の球速も上がり、オフに山中さん(正竹監督)に全日本に呼ばれて。トップ選手と一緒にやって周りを見て「このレベルの人たちに引けを取っていない」と自信を持ちました。

伝家の宝刀・スライダーを覚えたきっかけは

伊藤
 社会人の2年間活躍できずスライダーも投げていたけど、頼りにならなかった。カーブの方が自信あったけど打ち取れる球でもなかった。スライダーの得意な先輩が入ってきて参考にしながら、握りとか色々考えて練習していたら良くなりました。当時の社会人野球は金属バットを使用しており、バットに当てさせない球種が主流になり、野茂(英雄)さん、潮崎(哲也)さん、佐々岡(真司)さんと変化が大きい決め球を持っていました。僕の場合はしっかり腕を振って当てさせない球がスライダーだった。握りを変えて明らかに変化量が大きくなりました。打者の反応も良くなって。カウント球に使っていたけど、追いこんでからも使えるようになって。スライダーは直球よりもコントロールしやすかったです。

社会人野球での活躍が評価され、3球団から1位指名されました

伊藤
 松井(秀喜)と一緒のドラフトで彼はスーパースター。僕はどこでもよかった。カープ、オリックスは春先の早い段階から「指名させてもらいます」と言ってくれていた。ヤクルトはまさか指名すると思わなかったです。後から聞いたら、球団は松井を獲得したかったみたいだけど、野村監督が直前で「投手に行く」と。投手だったらこいつみたいな感じだったかもしれませんね。

プロ1年目。新人で7勝2敗、防御率0.91と衝撃の活躍でした

伊藤
 開幕は2軍でスタートだったんです。周りの投手を見てある程度の活躍はできるなというイメージはあったけど、状態が上がってこなかった。5月に入ってしっくりきたなという感じでしたね。次は打たれるんじゃないかという不安は毎回ありました。ベストを尽くして首脳陣の信頼を勝ち取って、またチャンスをもらう感じでした。

6月9日の巨人戦(石川)は今も球史に語り継がれる熱投でした。0-0の9回に篠塚氏にサヨナラアーチを被弾。1試合16奪三振をマークして敗戦投手になるのは初でした

伊藤智仁
伊藤
 あの試合は悔しかったけど、僕の名前を全国に示すことができた。ホームランを打った篠塚さんよりクローズアップされることもあったので、僕としてはいい試合ですね。あの場面は、ホームランはないと思っていました。篠塚さんのイメージは小さなころから見ていた左前打。「カウントを先に取りたいな」というところを見事に狙い打たれた。その後に古田さんが野村監督にベンチでずっと怒られていた。「すいません」って謝りました。甘かったです。いい経験にはなりましたけどね。

1年目の7月に右ひじを痛めて戦線離脱。2年目から2年間、1軍登板できませんでした

伊藤
 1年目の試合中に右ひじを痛めて。その年は良くならずに肘のリハビリしていました。翌年に状態が良くなったんですが、(春季)キャンプ中に無理して肩を痛めた。自分が思っている以上に深刻なダメージを受けていたんです。アマチュア時代も多少はあったけど、ここまで深刻なのはないなと。まったく肩が上がらない状態が続きました。プロとして1年契約でやっている。また来年投げられなかったらユニフォームを脱がなきゃいけないかなって。焦りはありました。

4年目の96年5月19日の巨人戦で1050日ぶりに1軍復帰。5年目の97年は150キロを超える直球を取り戻し、7勝2敗19セーブでカムバック賞を受賞します

伊藤
 1年目のような体に戻らないと思ってやっていました。実際戻らなかったです。今の自分の体を受け入れて「何か」でカバーしていかないといけない。投げられるような投げ方を探す、ケアしなきゃいけないというのが第一優先。1年目を追いかけたら投げられない。色んな球種で打者を惑わしながらですね。

しかし、ケガとの戦いは続います。99年オフに2度目の右肩手術、01年にも3度目の右肩手術を受けます

伊藤智仁
伊藤
 2度目の手術は血行障害で関節じゃなかったので血管さえなじめば投げられるかなと。でもそこでいじってから機能的に良くなかったですね。だましだまし投げていたけど、01年の春先に投げた時に「これ、やばいな」って。今まで感じたことないぐらい痛かった。最後の登板はまったく力が入らない状態になりました。米国に行って先生に診てもらって。保存療法ならやっても(投げられる確率は)0%。自分が思っていた通りでした。手術してフィフティーと言われて。治る確率が50%ならぜひと手術しました。

リハビリを経て02年の秋季コスモスリーグで登板しましたが右肩を脱臼して降板しました

伊藤
 思っていた以上に順調に来ていて光は見えていたんです。球団の方と話して「投げてみます」と言って秋季リーグで投げましたが、もったいないことしたかなって。自分ができると思ってやったから後悔はないですけどね。

球団からは引退勧告を受けましたが、現役続行を志願しました

伊藤
 ここまでやってきたので辞めたらもったいないかなと。古田さんや宮本(慎也現ヘッドコーチ)も球団に言ってくれたらしく、もう1年プレーさせてもらえた。ただ、なかなか前に進まなかった。自分の中で判断してナックルの練習を夏ごろから2か月間やりました。意外と難しいんですよ。まず爪がもたない。指先も痛くなるしコントロールできない。ナックルピッチャーが出てこない理由がわかりました。

引退を決断した時期は

伊藤
 本当に決断したのは04年に育成コーチになって1年終わった時ですね。もういいかなって。育成コーチの時も密かにリハビリをしていました。自分の仕事をこなしながら、「おれにまだ練習する環境を与えてくれたな」ってトレーニングは続けていました。選手の練習中もキャッチボールしながら「おれの方が球速いな」って思いながら。でもやっぱり厳しかったですね。

現役時代を振り返って

伊藤
 大した実績は全くないけど、いまだに皆さんの記憶に残ってくださるなら幸せな野球人生だと思います。篠塚さんに打たれたホームランも僕のハイライトなのかなって。ああいう投球を全国中継の巨人戦でできたのもツキがあったと思います。
伊藤智仁

野村元監督との出会いは野球人生で大きな影響を受けたと思いますが

伊藤
 野球のイロハを教えてくれたのは野村監督。プロ野球のイロハを教えてくれたのは古田さん。ヤクルトに入れてラッキーでした。野村さん、古田さんには影響されていますね。

引退後はヤクルトで14年間投手コーチを務めました

伊藤
 由規、村中、増渕が1軍でそろって活躍してくれた時はうれしかった。若い選手が方向性を脱線しないように見るのがコーチの仕事だと思っています。バーネットも印象に残っています。彼は先発より救援がいいんじゃないかなって。色々な話をしましたが、聞く耳を持ってくれた。そこが彼の成長を妨げなかったのかもしれない。

今年から監督に就任した富山での目標を教えてください

伊藤
 一番の目標は優勝して独立リーグの日本一。独立リーグはまだまだ全国に知られていない。まだNPBの3軍のイメージですが、「プロ野球の育成選手ならチャンスがないので独立リーグ行きます」という選手が出てくるようになれば。お客さんに球場に来てもらうためにも色々な仕掛けをしていきたい。それが野球界の恩返しにつながるし、今の僕の仕事なのかなと思います。
伊藤智仁
いとう・ともひと
1970年10月30日、京都府京都市出身。花園高では2年秋の京都大会で優勝も甲子園出場はなし。卒業後、三菱自動車京都に入社。社会人3年目で頭角を表し、92年バルセロナ五輪で1大会27奪三振のギネス記録を作り、銅メダルに貢献。同年のドラフト1位でヤクルトに入団。入団1年目の93年に7勝2敗、防御率0.91で新人王獲得。 右肘、右肩痛で94年から2年間1軍のマウンドから遠ざかるが、97年には7勝2敗19セーブ、防御率1.51でカムバック賞を受賞。その後は再発した右肘、右肩痛からの復活を目指すが、03年に現役引退。プロ通算11年間で127試合に登板し、37勝27敗25セーブ、防御率2.31。04年からヤクルトの投手コーチに就任。昨季限りで退団し、今季から独立リーグBCリーグ・富山GRNサンダーバーズの監督に就任した。